• HOME
  • Culture , Food , Life
  • 【栃木】郷土料理をオシャレに楽しむ『しもつかれ祭り』に行ってみた

【栃木】郷土料理をオシャレに楽しむ『しもつかれ祭り』に行ってみた

郷土料理、と言うとどんなイメージを持ちますか?素朴な味、古臭い感じ、昔おばあちゃんが作ってたけど今は食べない…などなど。どちらかと言うと、そんな寂しい意見が多いのではないでしょうか。今回は消えかけてしまった栃木県の郷土料理を再度、盛り上げようとオシャレに楽しむイベントをご紹介します。

栃木県の郷土料理『しもつかれ』。
素朴、古臭いだけならまだしも、発酵系のニオイを発し、何と言っても見た目が…という、郷土料理の中でもおそらく全国トップレベルの強烈キャラです。

ニオイと見た目から、食わず嫌いな人も多い。しかしこのままでは約1000年もの歴史を持つといわれる郷土料理が消えてしまう。
そんな危機感から、若い世代を中心に『しもつかれブランド会議』という団体が立ち上がりました。
メンバーは高校生をはじめ若い世代を中心に、まさにしもつかれを食べない世代で構成されています。そんな彼らが多くの方にしもつかれの価値や素晴らしさを伝えるために開催されたのが『しもつかれ祭り2019』。しもつかれ尽くしのお祭りをレポートします!

そもそも『しもつかれ』ってどんな料理

もともとは、初午の日(2月最初の午の日)に作り、赤飯と一緒に稲荷神社にお供えするものです。
材料は鮭の頭、大豆(節分の残り)、大根、人参などを鬼おろし(目の粗い竹製の大根おろし器)ですりおろし、酒粕と共に煮込んだ料理です。作り方は家にもよりますが、基本的に調味料は使いません。とてもシンプルな作り方です。

ネガティブイメージを払拭し、とことんオシャレでユニークな祭り

会場では、さまざまなアプローチからしもつかれにまつわるコンテンツが用意されていました。

『しもつかれ祭り』なので、まずはピュアなしもつかれを食べない訳にはいきません。伝統的なしもつかれの食べ比べがあったのですが、なんと!その数22種類!

同じ材料を使っているにも関わらず、見た目や色は少しずつ異なります。そして食べて比べてみると、全く味が違うことに驚きます。シンプルな味付けだからこそ、少しの分量の差に大きな違いが生まれる。料理の奥深さを感じました。

そしてユニークなのはここから。試食・物販ブースでは、さまざまなしもつかれアレンジメニューが用意されていました!

キャロットラペ、みそ田楽、タルタルディップ、わさび風味クリームチーズディップ、ポタージュ、トマトピラフ、パン、カレーパン、みぞれ味噌汁、からみ餅、パウンドケーキ、ケークサレ。
これらすべて、しもつかれを使ったメニューなのです。どんな味なのか、全く想像がつきません。

実際に食べてみると、いずれもしもつかれの味はするものの、独特なクセは抑え、旨味が引き出されるという秀逸なアレンジ具合でした。しもつかれ初心者さんや、苦手な人も、これならお替わり間違いなしの美味しさです。

食べて楽しむだけでなく、見る・聞く・参加することで楽しむコンテンツも

しもつかれを作る際の必須アイテムとして、『鬼おろし』があります。食材を粗みじんにするための道具です。

この鬼おろしを使って、1分間の大根早おろし競争が開催されていました。

また、プロの語り部さんによるしもつかれの紙芝居や昔話があったり。
トークショーでは『しもつかれブランド会議』代表の青柳徹氏による、ブランド立ち上げから今後の展望に至る話しがあったり、数々のしもつかれアレンジ料理を開発している料理家さんや、しもつかれに使われる大根を生産している農家さんを交えてのトークセッションもありました。さまざまな角度からしもつかれにアプローチしたコンテンツで、参加者を飽きさせない内容となっていました。

参加してみて、しもつかれのイメージに変化は?

実は私もしもつかれが苦手でほとんど食べられない人の一人だったのです。
しかしアレンジ料理を食べたり、関わっている皆さんの話を聞いているうちに、「美味しい」と感じられるように!
それこそ、イベント主催者である青柳氏の狙いだったりします。

しもつかれのネガティブイメージを払拭し、とことんオシャレでユニークなコンテンツ盛りだくさんだった『しもつかれ祭り2019』。郷土料理の可能性をどこまでも広げられると感じるイベントでした。

3月31日(日)には東京・中目黒で『SMLのお花見〜栃木編〜』として栃木県益子の作家2人の個展と『しもつかれ』をアレンジした酒のアテやランチ、甘味が楽しめるお花見イベントもあります。今後も更なる進化に向けて『しもつかれブランド会議』の活動は続くとのこと。興味のある方、ぜひチェックしてみてください!

Information

しもつかれブランド会議
【HP】http://shimotsukare.fun/
【Facebook】https://www.facebook.com/shimotsukarebrand/
【Instagram】https://www.instagram.com/shimotsukarebrand/

SMLのお花見〜栃木県〜
3/31(日)12:00〜20:00
場所:SML 目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F
※申込不要

遠藤ゆり子

これまで世界30カ国を旅し、最近は国内のローカル旅にシフト。また、旅にとどまらず、“東京に住みながらローカルに関わる”をテーマとしたライフスタイルを実践。地元の栃木と東京を行き来し、栃木の知られていない素敵なモノ・コトを見つけて発信中。 グルメ好きで、カレーマイスターやティーアドバイザーの資格を持つ。外出先で美味しいものに出会うことが何よりも楽しみ。夫、子どもとの3人暮らし。

Profile

ピックアップ記事

関連記事一覧