• HOME
  • Food
  • ミシュラン40ツ星の限定レストランが日本橋にオープン!

ミシュラン40ツ星の限定レストランが日本橋にオープン!

世界各国の予約困難なスターシェフ30名が来日してスペシャル料理を振る舞うレストランが期間限定でオープンします。今回はそんなミシュラン40ツ星が集まるレストランをご紹介します。

COOK JAPAN PROJECTとは?

今回のメニューの一つ「ラングドシャ、ウナギの燻製クリーム」

COREDO日本橋 ANNEXではじまる「COOK JAPAN PROJECT」。2019年4月5日(金)〜2020年1月の10ヶ月間、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、デンマーク、ペルー、メキシコ、タイ、シンガポール、アメリカのミシュラン三ツ星シェフなど予約困難なレストランシェフ総勢30名が次々に東京に来日します。毎月約3名の異なるシェフが来日、交代で唯一無二の料理を創造し、提供する世界規模のレストランプロジェクトです。

料理テーマは「シェフたちが日本を発見し、日本がシェフを発見する」。それにちなみ世界のシェフが日本の素材を使い、料理を創作します。それぞれのシェフが日本の旬な素材に出会い、オリジナルの料理を提供するんです。

オープニングにスターシェフが来日

左がヤニック氏・右がカルメ氏

今回のオープニング記者発表会には第一弾を飾ったフランス出身のシェフ ヤニック・アレノ氏が登場。彼はフランスで唯一2軒の三ツ星レストランを持ち、現代フランス料理を変えたといわれるモダンフレンチの巨匠です。

特別に探し出した国産フレッシュキャビアのせのチョコレートボンボン

ヤニック氏は「新しいフランス料理に日本の食材を合わせて発見と喜びをみつけてほしい」と語りました。また「キャビアを使いたい」ということで今回は特別に日本ではなかなかみつけられないフレッシュなキャビアを苦労して探し出したそうです。こちらのキャビアは期間限定となりますが、このプロジェクトならではの特別な日本食材も使われています。

そして2020年1月に来日予定のシェフ カルメ・ルスカイェーダ氏(写真右)も来日。彼女はスペイン出身です。地中海料理のシェフであるカルメ氏はこの日、次のように語ります。

「地中海料理のプロのため、今更、日本の料理は作れない。そのため日本での調理は色々と考えました。当時は私が頭の壁をつくっていたのですが、日本の食材を知ることによって、壁が壊れていきました。そして日本の料理テクニックについても学ばせていただきました。例えば、腸詰などの加工品も欠かせないのですが、日本の洗浄する方法はとても丁寧でソーセージなどを作る上で更に技術工場に繋がったのです。こうやって日本の良さを取り入れた地中海料理が作れるようになりました」

テーマの通り、シェフも新たな日本を発見し、自分の糧にしているようです。

今回限りしか食べれない夢のコラボレーション!
是非、皆さんも美食の国、日本の食材と世界のスーパーシェフとのコラボレーションを体験しに来店してみてはいかがでしょうか。

Information

COOK JAPAN PROJECT
https://cookjapanproject.com
場所:東京都中央区日本橋1-6-1 コレド日本橋 ANNEX
開催期間:2019年4月〜2020年1月 毎月約3名の異なるシェフが来日
※シェフにより営業日数・時間帯の内容は異なります
メニュー:デグスタシオンメニュー 25,000円〜
※シェフによりコース金額が変動します
予約:公式HPまたは電話
https://cookjapanproject.com/
電話:03-6821-5689(平日10時〜18時)

 

 

 

TABISCO編集部

Profile

ピックアップ記事

関連記事一覧