• HOME
  • Culture , Life
  • フィッシングの世界と洗練されたファッションが体感できる『D-VEC TOKYO EXCLUSIVE』

フィッシングの世界と洗練されたファッションが体感できる『D-VEC TOKYO EXCLUSIVE』

『D-VEC』とフィッシングの『DAIWA』による初の体験型コンセプトショップが登場です。そこで今回、表参道ヒルズのB1Fにオープンした『D-VEC TOKYO EXCLUSIVE』のレセプションイベントに参加させて頂きました!その模様をお伝えします。フィッシングのイメージが変わる洗練されたファッションや19年春夏コレクションも注目です。

フィッシングがルーツのファッションブランド『D-VEC』

『D-VEC』はフィッシングの『DAIWA』を中心に、スポーツ用品の製造・販売をしている会社が2017年に発表したファッションブランドです。

『DAIWA』が持つ高い技術力を、洗練された都会のアクティビティーへと進化させ「Feel Alive」の世界観を表現したファッションを提案しているそう。

近年からファッション界隈でブームとなり、スタイリングのベースとして浸透しているフィッシングベスト。

普段の生活ではなかなかフル活用できないであろうこのポケットも、デザインでみるとファッション性も高くスタイリングのアクセントになります。

ショップに行って実際に手に取り、商品説明を伺うとその機能性や素材のよさを実感します。

19年春夏 テーマは「HAMONN」

今期の春夏は水面に映し出される波紋の情景からインスピレーションを受け、『D-VEC』から初の製品化となる極細モノフィラメント技術(※通常は複数の繊維が織り合わさって1本の糸になりますが、釣り糸で用いられる1本の構造を極細にして使用した技法)を用いた超軽量アウターや、4DM(動体裁断)技術(※人体解剖学に基づき、運動時の皮膚のシワの動きを研究し、着崩れせず動きやすさを追求した技術)を採用したシャツなど、『DAIWA』のテクノロジーが惜しみなく注ぎ込まれたハイスペックな服たちがズラりと並んでいました!

 

 

バリエーション豊かなラインナップの中、個人的にはこのフィッシングベストがかなりグッとくるデザインでした。

写真のようにシャツの上からはもちろん、程よく緩めなロンTの上からサラッと着ても良さそうです。

洋服以外のアイテムも豊富に展開

フィッシングアイテムで使用されるカーボン素材を骨組みにすることで作られた、超軽量かつ高強度な折り畳み傘や。。。

こんなにシックでミニマルなケースも!

色んなカタチ・大きさがあるので何を入れるかは皆さん次第。こちらも重さをほぼ感じないくらいの軽さでした。

こちらは速乾性に優れたハンドタオル。フェスや夏場にかなり重宝しそうですね!

さりげなーくですが、実は洋服がかかっているラックも先ほどご紹介した折り畳み傘と同じカーボン素材です。

サンプルを持たせて頂いたところ、発泡スチロールのごとくとっても軽かったです…!

 

フロア全体で見ても、いかにもスポーツorアウトドアな野暮さは無くクリーンでモダンなレイアウトでした。

様々なイベントに参加、評判は国内に留まらず

2018年には『Amazon Fashion Week TOKYO』への参加や、2019年には『PITTI IMAGINE UOMO 95』へ(3回連続)出展を果たすなど国内外から注目を浴びている要チェックブランドの『D-VEC』

手触り・カラーリングだけでもその良さがググッと伝わってきました!試着もしてみたいアイテムがずらりと並びます。

お近くへ来た際は是非覗いて見てくださいねー。

Information

『D-VEC TOKYO EXCLUSIVE』

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館 B1F

Monday to Saturday : 11:00〜21:00
Sunday: 11:00〜20:00

※定休日は館に準ずる

URL:https://d-vec.jp/exclusive/

タカハシ ヒロキ

アパレル業界で経験を積み、古着・ブランドのカテゴライズに縛られないスタイリングを得意とするファッションギーク。 またファッションだけでなく、コーヒーやフード関連の見聞センスにも定評がある。 昨今はモデルやフォトグラファー・DJなど活動の幅を着々と広げており、その勢いは増すばかり。 年内に自らが撮りためた写真を個展形式で展示する予定。

Profile

ピックアップ記事

関連記事一覧