• HOME
  • Life
  • フレンチアクセサリー『レ・ジョルジェット・バイ・アルテス』セリーヌ・ギエルメ氏にインタビュー

フレンチアクセサリー『レ・ジョルジェット・バイ・アルテス』セリーヌ・ギエルメ氏にインタビュー

フレンチアクセサリーブランド『Les Georgettes by Altesse(レ・ジョルジェット・バイ・アルテス)』のアーティスティック・ディレクターのセリーヌ・ギエルメ氏がパリから来日。革新と伝統が融合されたブランドのストーリー、そして仕事と家庭を両立する女性としてのライフスタイルについて語って頂きました。

革新と伝統が融合したアクセサリーブランド

フランス発のアクセサリーブランド『Les Georgettes by Altesse(レ・ジョルジェット・バイ・アルテス)』

ベースとなるメタルアクセサリーに 好きなカラーのレザーやビニールを組み合わせてカスタマイズできる、ユニークなコンセプトのアクセリーを手がけるフランス発のアクセサリーブランド『Les Georgettes by Altesse(レ・ジョルジェット・バイ・アルテス)』。

フランス最古のアクセサリーメーカーであるメゾン・アルテス社と、ブルターニュ地方の皮革製品メーカーのテクシエ社がコラボレーションしたフレンチアクセサリーブランドです。

ヨーロッパ各国やアメリカなどを始めとし、世界20カ国で展開されており、日本には2019年2月に初となる常設店が小田急百貨店 新宿店 本館にオープン。

今回、アーティスティック・ディレクターのセリーヌ・ギエルメ氏がパリから来日。ブランドストーリーをはじめ、彼女自身のライフスタイルについて伺いました。

ブランドコンセプト

『レ・ジョルジェット・バイ・アルテス』は、その日の気分やファッションに合わせてコーディネートできるアクセサリー。

デザインは植物や自然、動物からインスピレーションを受けたものが多く、それらのイメージをメタルアクセサリーで表現しています。そこにレザーやビニールの素材・カラーを自由に組み合わせ、自分だけのアクセサリー作りを楽しめるというのがこのブランドの最大のコンセプト。

レザーは簡単に着脱可能。カラーはリバーシブルになっています

レザーはリバーシブルになっていて、簡単に着脱可能。リバーシブルの色の組み合わせも、片面は鮮やかなカラーやグリッターなどの冒険カラー、もう片面はベーシックなカラーになっており、シーンに合わせて使い分けできるように工夫されています。

トレンドを意識しながら、伝統的な技術により高いクオリティを有しているのも特徴で、ほとんどの製品がフランス国内の工場で生産されています。

豊富なバリエーションで組み合わせは自由自在

バングルは40mm(税抜¥20,000)、25mm(税抜¥16,500)、14mm(税抜¥12,000)、8mm(税抜¥9,000)の4種をラインナップ

メタルアクセサリーはゴールド、シルバー、ローズゴールドの3色展開で、そこにレザーを組み合わせることで、まさにデザインは自由自在。

ブランドを象徴するアイテムであるバングルを始め、リングやピアス、ネックレス・バッグなどアイテムの種類も豊富です。バングルとバッグ、ネックレスやピアスなどはレザーのサイズが共通になっており、別のアイテムにもレザーを使い回すこともできます。

もちろんレザーのみの購入も可能で、2000円(税抜)〜とお手頃な価格帯。

レザーは毎シーズン5本、合計10色リリースされるので、コレクションするのも楽しみのひとつ。

リングやネックレス、ピアスなどアイテムの種類も豊富

(写真上から)クレオール&ビニール(税抜¥13,500)、ハーフムーン&ビニール(税抜¥11,000)、ドルムーズ&ビニール(税抜9,500)

セリーヌ・ギエルメ氏インタビュー

アーティスティック・ディレクターのセリーヌ・ギエルメ氏

『レ・ジョルジェット・バイ・アルテス』のアーティスティック・ディレクターであり、3人の子ども達の母の顔を持つセリーヌ・ギエルメ氏。デザイナーとしての仕事のこと、母としての葛藤などを伺いました。

– デザイナーを志したきっかけは?

10歳のとき、洋服のデザインに興味を持ちスタイリストや洋服のデザイナーになりたいと思ったのがきっかけ。アート系を学びたいと決めていたので、美術関係の学校へ進学し、その後デザインの学校で学びました。そしてアクセサリーのデザインに出会ったんです。

『レ・ジョルジェット・バイ・アルテス』を立ち上げる事になったきっかけは?

『レ・ジョルジェット・バイ・アルテス』を立ち上げることになったグループは、フランスで100年以上の歴史を誇る大規模なアクセサリー製造工場。

長い年月で培われた技術や伝統を知って魅力を感じ、ここでアクセサリー作りに携わりたいと思ったんです。ブランドの名前もグループの工場の創設者の名前から取ったんです。

– デザインのインスピレーションの源は?

植物や動物など、自然からインスピレーションを受けているそう

アクセサリーとレザーを組み合わせるというコンセプトが生まれ、1番最初にひらめいたデザインがクロコダイル。クロコダイルというと、レザーの素材としてポピュラーですが、それをメタルアクセサリーで表現したんです。

同様にキリンや、魚の鱗など、生き物からインスピレーションを受けたデザインが多いですね。

– デザイナーとして大切にしていることは?

デザイナーとしての仕事は20年以上になりますが、1番最初のキャリアは時計のデザインでした。1番気をつけていることは、とにかく美しいものを作りたいということ。それが基本にあって、みなさんに受け入れてもらえる美しいデザインを作り出すことを大切にしています。

今のグループには長い歴史があるので、伝統的な技術のノウハウもあります。それを今に受け継ぎ、みなさんに知ってもらう、伝えるということも大切に思っていますね。

あと、値段が張るものを作ればいいということではなく、みなさんが手に取りやすい範囲でできるだけいいものを作りたい、という気持ちを強く持っています。

– 母親と仕事の両立で大変なことや葛藤はありますか?

子ども達のインスピレーションからヒントを得て生まれたデザインも

フランスは働く女性の数が多く、環境も整っていると思います。

ですが、出張も多いですし、辞めた方がいいのでは?と思った事もありました。しかし、子ども達が私の仕事をとても好きだと思ってくれていて、「お願いだからやめないで!」と言ってくれたんです。

実はカタログにモデルとして娘が登場しているんです。娘にとっても良い経験になりますし、一緒に楽しめることを誇りに思っています。

キッズラインもあるんですが、そのうちのいくつかのデザインは娘のインスピレーションからヒントを得て生まれたものもありますよ。

キッズライン『Les Miss Georgettes』バングル&レザー(税抜¥8,500)

– 母親として最も大切にしていることは?

娘が必要としている時に応えてあげられるように、そしていつでも愛情をもって接することを大切にしています。

また、心がけていることは、頭を切り替えること。子ども達と接するときは仕事のことは考えず、子ども達の事を1番に考え、一緒の時間を大切にしています。仕事とプライベートの切り替えをきちんとすることが大事ですね。

– 夢を追いかけている女性にメッセージをお願いします

デザイナーとして、母親として輝くセリーヌさん

仕事と子育ての両立する際に、どちらかが中途半端になってしまうのではないか、など罪悪感を持たないでください。どちらが大切ということではなく、どちらも大切なことなんです。家庭も仕事もどちらも私にとって大事なもの。自分が満足できていること、幸せでいられることが重要。

どちらもあるから、私の幸せがあるということを忘れないようにしてください。

– ありがとうございました。

information

『Les Georgettes by Altesse(レ・ジョルジェット・バイ・アルテス)』

公式サイト:http://www.lesgeorgettes.com/jp/ja/

<ショップ>

Les Georgettes by Altesse 小田急百貨店 新宿店 本館2階=サンドリーズ・アレー

住所:東京都新宿区西新宿1丁目1番3号 2階

営業時間:10時~20時30分

※小田急百貨店新宿本館店の営業時間・休館日に準じます。

浅野 ひかる

ライター・美容ライター・エディター。 主に美容を得意とし最新美容からマニアック美容まで幅広く網羅。 日々最新コスメを試すのが三度の飯より好き。

Profile

ピックアップ記事

関連記事一覧